本当に甘い?ETCカードの審査に落ちた

高速道路などを通行するときなどに割引があったり一般レーンと比べてスムーズに料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?ネット上を見てみると多くの人が同じ疑問を持っていたようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても使い道が限られているから気にしない」という意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたら認識エラーが頻繁に起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

悪用されにくいとはいえなるべくカードを使うときだけ入れて使わない時は抜く習慣をつけましょう。

皆さんはETC カードを選ぶ際にどういった部分をチェックしてカードの発行申請をしましたか?所持しているクレカ会社にそのまま発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かどうかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを作っていない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て作ったのかを調べてみました。

高速道路の利用頻度が少ない方は年会費や更新費用がかからないカード、利用頻度の高い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを作っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

その理由は、カードの利用規約に載っている本人以外の利用の禁止という項目があるからです。

クレカの仕組みを簡単に説明すると名義人の買物支払い時にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードを作った名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確に規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性を含んだ行為になります。

高速道路を利用するときに便利なETCカードですが様々なカードがあって選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できるのが人気です。

2つ目は国内でも有数の知名度を誇るカードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費が気にする方もいらっしゃいますがカードはポイント還元率が非常に高いのですぐに元が取れます。

車で遠くに行く時に便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人がチェックするのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費については大体3タイプに分かれており、年間の利用額に関わらず、年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなど条件付きで無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく年会費がかかるタイプがあります。

更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だった場合、多くの場合更新費も有料になっていることが多いです。

ETCカードを所持していないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを作っていなく銀行のキャッシュカードしか持っていないという方はクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードもあり、市の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETCレーンを通過するときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としの方法にすると偶然口座にお金がない、新しく口座を作ってお金を移動してしまった場合に出口でゲートが開かず通れなくなってしまうからです。

最近ETCカードの作成について調べていたところあまり知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、ETCカードは車載器がなくても利用可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンには入らず一般レーンを使い料金所係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所係員に手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由として人件費削減や渋滞の解消が目的という部分が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのためクレカなどの通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや休日割などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

急に車載器が壊れてしまった・エラーが起きてしまった時のために覚えておきましょう。

大学進学など生活環境も変わり車の免許を取って遠出をしたいと思っている方もいると思います。

そんな中で免許を取ったばかりの方はETCカードを持っていない方が多いと思います。

ネット上でも春くらいになるとどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして発行されるものになります。

ETCパーソナルカードという高速道路事業社が発行しているカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

もしクレカを持っていてETC対応の会社なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込みしてその際に一緒にETCを申し込みしましょう。

参照:http://www.letteringguru.com/faq/06.html

高速道路を利用する際にETCカードを使って出口を通過する際、車載器の故障などがなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でトラブルが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もし走行中などに車載器側でエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

そのためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触してしまうと事故扱いになるので気をつけて車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

停車後はバーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して処理しますがその際もETC割引は適用されるので安心してください。

自動車免許を取得して友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときに持っていると楽なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで支払いにもたついて渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンを使えれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを発行するにはクレカを発行する必要があり、クレカをすでに持っている場合は追加申し込みをすると発行されますが新しくクレカを申し込むときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特典や年会費の有無など違いがあるのでカードの利用頻度などから自分の生活環境に合うカードを探してみてください。