ペアローンの住宅ローン審査のメリットを調べてみた

一生の中でも一番大きな買い物とも言える、大切な住宅ローンですが何を基準に決定しましたか。

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、まずは実際に利用している方の口コミを参考にしてみると良いでしょう。

近年、注目を集めているのは新生銀行なのをご存知ですか。

何よりも金利が安いというのが人気の秘訣だと言えます。

また繰り上げ返済時の手数料や保証料が無料で、かつキャンペーン中に申し込むと特典が沢山あります。

但し申込みをしたのにスタッフが不在だったなど不評もあります。

直接、店舗に行って話を聞いてみるとのいいですね。

マイホームの購入を考えていらっしゃる方は多いと思います。

購入に当たりペアローンのような住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。

住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。

審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。

金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。

諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。

マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。

多くの方が申し込み~3.4カ月かけてマイホームを手に入れると思います。

ペアローンのような住宅ローンは長年支払いをする物ですから、ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。

フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

ペアローンのような住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。

そんなフラット35の審査は、とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は住宅の価値を重視して審査を行います。

他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。

という所です。

ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

家の購入で初めに思う事は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。

全体的に、銀行から借り入れするペアローンのような住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。

申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。

支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合借金が0円になる。

という内容になります。

ペアローンのような住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利の2種類があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。

頭金は一切かかりません!と言った広告も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。

少しでも返済額を減らしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

将来、ペアローンのような住宅ローンの申込みを考えている方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

しかしながら、会社によっては特別収入が無いところも多々あり年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、任意返済もできるところで申請してみましょう。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき銀行などから申し込みができる住居購入時の貸付が頼りになります。

申し込み後は初めに審査がありますので、それを受ける必要があります。

まずそれに通過しないと先には進めません。

重要視されるポイントとしては仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

また、カードローンの使用歴なども厳しい目でチェックする可能性も高いのでもしも今後住宅が欲しいと思っているのであれば無謀な使い方はやめましょう。

できれば使わないのが一番良いです。

参考:http://www.theroseandcrown.net/compensate/pair-loan.html

今後、新築を希望されている方や既にローンを組んでいる方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。

借入れをする目的が家を購入するためのものなので、異なる目的での利用は認められず申請しても通りません。

ですので、購入したい物件がいくらなのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

もし、法律に違反いている契約であったとすれば間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、今の現実にとらわれずに将来をしっかり見据えましょう。

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。

団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。

自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。